セカンド・オピニオン


医業の世界では、セカンド・オピニオンという言葉をよく耳にしますが、税理士業界においても顧問税理士以外に別の税理士に意見やアドバイスをしてもらうというサービスがあります。税理士と一度顧問契約をすると他の税理士の意見を聞く機会というものは、意外と少ないと思います。そのため、現在受けているサービスが十分なものなのかどうかというのはわからないものです。

現在の顧問税理士には相談しにくい、あるいは具体的なアドバイスがもらえない等の不満を抱えていらっしゃる方もあるかと思います。税理士は税金計算のプロであって、経営のプロではないため、コンサルティングには力を置いていない事務所も多いのが現状です。そのため、経営上のアドバイスをしたくてもする相手がいない、あるいはコンサルタントに相談したいが報酬が高いために困っている人も多いかと思います。

日本人は、基本的に行き先の決まっている経済環境下におけるオペレーティング思考は得意であるが、行き先の決まっていないような現在のような経済状況下は、非常に苦手である。

当事務所では、こういった方の少しでも負担を軽くする事を考え、こうした経営上の相談もできるようにセカンド・オピニオンサービスを行っております。そうはいっても、現在お世話になっている先生に遠慮される方も当然いらっしゃると思います。そこで、現状の顧問税理士との契約はそのまま継続することを前提で、気軽に質問して頂けるように1ケ月お試し期間も設けております。つまり、無料でまずは体験して頂く事ができるのです。いかがでしょうか? 会社の現状における問題点を抽出し、課題設定をしてみませんか?
お試しして頂いた方には、違った角度からの視点を、ご提供させて頂きたいと思います。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。